REPORT

東播野池も厳し~。。。

夜になると丹波の山奥はほんとに寒いです。。。
今日はアキラと久しぶりに一緒に東播野池行ってきました~。
いくつか状況の良いであろう池をまわりましたが、、、
厳しいです。もう少し寒くなって低い水温で落ち着かないと魚が動かない感じで、生命感の無い池も。。。。。
僕はコバスをバラシテしまうダメダメな感じで終わってしまいました。。。。。
そんな中アキラはしっかり獲ってます。。
PC170022.JPG
貴重な1本!釣れる人は釣れるんですね~。。。。。
冬に良い野池にどれだけ良いタイミングで入れるかということに改めて気付かされた1日となりました。
さてさて、ここから少し真面目な話をしたいと思います。
僕らの地元フィールドである東播野池についてですが、
ここ数ヶ月で、釣り禁止の野池が沢山増えてしまい、、、水抜きの行なわれた池も多くあります。
一部の地域での一斉釣り禁止は今年の事故に端を発しているようですが、アングラー1人1人が地元の方々や野池管理者の方々との
関係を良いものにするために「まだまだ出来る事」があるんじゃないかと思います。
ゴミ問題や駐車問題などなど、アングラーの意識1つで解消できることが多いと思います。
冬は釣り人も減りますが、それでも明らかに釣り人が残したであろうゴミが目に付く野池もあります。
野池に着いてガッカリするんですよね。。。。
僕は地元なので東播野池で釣りした事のない方を案内することもあります。そんなときに「野池の多さと釣れるバスの大きさに驚いてもらえること」は多いんですが、それにプラスして「東播の野池はゴミもないし、みんなマナーいいですよね~」って言ってもらえることは無いんです。
東播のように無数の野池があって、釣り禁止じゃない池がまだまだ多くある豊かなフィールドは日本全国を探しても少ないと思います。
気軽に野池オカッパリで50UPが釣れる。こんなに身近で自然と一体になって遊べる環境をアングラーの手で消滅させていくのは本当にもったいないことだと思います。
何年経っても野池で1匹のデカバス相手にワクワク出来るフィールドをアングラーみんなで守っていきたいんです。
バスショップナイル ブログリンクブログ村 釣りブログ