雑談

壱式とは??

先日、「ギジェット」さまへ納品した「我維羅-壱式-」ですが、
すでに、、完売してしまいご迷惑をお掛けしております。。
また各ショップさまへ納品しますので、少しだけ待ってください!
さてさて、リリースからもう2年が過ぎた「壱式」について、作り手の思いを書いてみようかと思います。
元々、、僕のオリジナルポッパーとして、
「ホーネット」と名付けた小さいバルサ製のがあったんです。
初めてこのルアーを作ったのが、今から10年くらい前。
もちろん+ROOMS’をスタートする何年も前の話です。
0000111Rs[.jpg
古いデータをあさったら出てきました。2002年の写真です。
ホーネットは僕個人の趣味のルアーなので販売はしないと思います。
当時、デカイのは釣れなかったけど、それなりに釣ってました。
ユージは、このホーネットの波動と音に何かしらの興味を持ったみたい。
うるさくボコボコ音を立てないホーネットのアクションが壱式へと繋がって、壱式も見た目のイカツイデザインの割りに静かな控えめのポッパーにセッティングしてあるんです。
0000101410.jpg
この極端に角度をつけたカップには+ROOMS’としての音に対するこだわりを詰め込んでます。
普通ポッパーって、カップで水をスプラッシュさせるイメージだと思うんですけど、壱式のイメージは、水面を指で弾く感じなんです。
水面をデコピンする感じですね。
ギルなんかが、水面で捕食する時って「パチッ」っていう音がすると思うんですけど、その音を出す感じなんです。
その静かな音だけではアピールが足りなくなるので、ロッドアクション次第で派手なスプラッシュやダイビングなんかも出来るように考えて考えて考えた結果このカップ角度とカップ深さがよりデカバスを引き付けられるんじゃないかと!!!
それと、ホーネットを使っていたときに気付いたシルエットの大切さを踏まえて壱式のボディデザインも水中から見たシルエットにこだわりました。もちろん飛行姿勢、空気抵抗などオカッパリでぶっ飛ぶルアーとしてトータルバランスの取れたものを意識してデザインました。
そんなちょっと変わったポッパーですけど、機会があれば使ってみてください!
バスショップナイル ブログリンクブログ村 釣りブログ