アキラの目指せ50UP!

アキラの琵琶湖研修!

こんばんは!アキラです!
夏の琵琶湖研修があまりにも楽しすぎたので、、
最近疲れ気味の畑中さんに無理やりお願いして連れて行ってもらいました!
それでは、「アキラの琵琶湖研修 秋編」です!
バス釣り歴3年そこそこの僕にとっては、初めての秋の琵琶湖。
ワクワク、ドキドキしながらレンタルボート屋さんへ、、、
テンション↑↑↑のまま出船!!!今回レンタルしたのは21ftのレンジャーでエンジンもデッカイのが付いてました~。
僕は横に乗っているだけですけど、、、これが速い!速い!!
あっという間に目的ポイント到着です。
朝一はトップで!って決めていたので、我維羅-壱式-をマシンガンキャストしてみましたが、、、、、、、
な~~~~~~~んも出ません。。。(涙。。。。。
そこで、、、、野池で爆釣しているアルカトラズ!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
撃沈。。。。です。。。。。。(@@。。。。
釣れないわけないと思っていたアルカトラズが釣れない。。。
アルカトラズは餌だと思っていたのに・・・・・・。。。コバスも釣れん。。。(泣泣)。。。。。
「秋の琵琶湖を巻いて釣る」が研修テーマだったので、ベイトタックルしか持ち込んでいない僕には、、、今回のマザーレイクは超タフレイクに見えてきました。
そんな中、畑中さんは、
011111.jpg
サクっと釣ってました。
プロトタイプの「フラッシュファルコン」です。
僕から見ると、フラッシュファルコンで釣れるバスは、アルカトラズでも釣れる気がするのに、なんで?????
研修なので、素朴な疑問を聞いてみました。
畑中さんが言うには、
「アルカトラズで釣れないバスを釣る為に開発したのが、フラッシュファルコン。」
「スローリトリーブから高速リトリーブまで弱ローリングの弱い波動を作り出せるフラッシュファルコンのほうがワームのライトリグに近いから今日の状況ではアルカトラズよりも釣れる確率が高い。だからアルカトラズ→フラッシュファルコン→ライトリグっていう流れで使うといいよ」
それから・・・もっと深い話も聞きましたが、難しくてよく分からないので、、、、、省略します。。。すみません。。。
というわけで、、僕もフラッシュファルコンの最終プロト借りました!
アルカトラズと同じように巻き巻き!
するとさっきまでの沈黙が生命感へと、、、
キターーーーーーーーーーーー!!!
033333333.jpg
と思ったらめちゃめちゃ小さいバスくんでした。。。
ウィードのせいで勘違いしてしまいました(汗。。。
気を取り直して、、
巻き巻き、巻き巻きしてると、
畑中さんが、フラッシュファルコンはライトリグをしている横でも釣れるから実験してみよう!と言い出して、ノイケのスマイルワームネコリグをCRIMINALレッドバードで投げ始めました。
同じボートでライトリグとフラットサイドクランク。
いくら経験値の少ない僕でもライトリグが有利やろ~~~~~って思ってしまいましたが、、、畑中さんが言うからと自分に言い聞かせフラッシュファルコンを巻き巻きしていると、
ネコリグの横でホンマに釣れてしまいました。
0444444.jpg
フラットサイドクランクってなんなんですかね????
今まで丸いクランクもフラットサイドのクランクも同じクランクと思ってて、フラットサイドはちゃんと見てなかったことに気付きました。
使い方とか、巻き巻きする感じは一緒なんですけど、、
丸いクランクとフラットサイドのクランクは完全に別です。
「へぇ~~~~~」っと関心していると、、
やっと畑中さんのネコリグにも、
0222222.jpg
コバスくんが。。。
アルカトラズで釣れなくて、、フラッシュファルコンで釣れて、
その後、同じエリアでネコリグで釣れるっていうのを実際に体験してみて、アルカトラズ→フラッシュファルコン→ライトリグっていうのが少し分かった気がします!
サイズこそ伸びなかったものの、
今回の琵琶湖は今まで余り考えなかったルアー選びを凄く勉強できました!この経験を生かしてまだまだ50UP目指してがんばります!!!
00555555.jpg
バスショップナイル ブログリンクブログ村 釣りブログ