REPORT

癒しの野池

9月の体調不良にはじまり、、、
塊の準備や、JFLCCの準備で、
よくよく考えて見たら、、、
9月からまともに釣りしてなかった(汗。。。。
というわけで、、
東播野池へ久々に行って来ました!!!
ん~~~~~やっぱり12月は寒い。。。
とりあえず魚に会える事を願って、
毎年、冬に実績のあるところだけをピックアップして廻って来ました。
PC100013.JPG
デカくは無いけど、
このサイズはホントに癒されます。
過去に通って把握できた冬ポイントでこのサイズが5連発!
枯れウィードとほんの少しの地形変化の絡むポイントです。
小さな野池の中のまた小さなポイントに
12月でも15分ほどで5本獲れる要素が隠れています。
水温が一ケタになっても春のように
元気いっぱいのコバスくんが遊んでくれるポイントがあるんですよね!
そもそもバスフィッシングは
闇雲にルアーを投げる釣りではなく、魚の居場所を的確に割り出し、
バイトまで持ち込むのか?という事を追求する釣りであると思います。
夏のうちに冬のポイント探しをどれだけタイトにスムーズ行えるかどう
がこの時期の釣果に影響を及ぼすのです。
次の季節を見越して開発を進めて行来たいと思います。