好きなルアー

ミドリの目

先日、GRAYZの那須さんがブログに紹介されていました。
Green Eyes Lureさん
greeneyes2009_160P.gif
このミドリの目がトレードマークのクランクベイトを製作されているハンドメイドビルダーさんです!
製作者の方にお会いした事も、お話させて頂いた事も無いし、
実際に使ってみた事も無いのですが、
前々から気になっていたビルダーさんの1人です。
僕にとって、ルアーは魚を釣る道具であるのと同時に、
僕にトキメキを与えてくれる大切なもの。
トキメクルアーは釣れるんです。
フラットサイドのクランクに限らず、ラウンドのクランク、ミノー、ペンシル、
ポッパーなどなど、これだけ多くのルアーが世の中に溢れていると、
オリジナルの個性を表現する事が本当に難しい。
さらに、アクションや深行レンジなんかを丁度良いところ、
釣れるところにセッティングしようとすると、フラットサイドはボディ形状がある程度似かよってくるんです。そう、オリジナリティどころか、世の中に存在するフラットサイドと差別化するのが難しくなる。僕にとっては、トキメキを感じる部分が無くなる訳です。
そんな壁をさらっと乗り越えるこのミドリの目。
たったこれだけで、
「これ良いよね!」って誰かに話したくなる。
僕が「追い付いてやろう!」ってどんなにどんなに努力しても
こういうルアーを作れる方には追い付けないんです。
生まれ持ったセンスには努力で太刀打ち出来ない何かがある。
そう言えば、何年か前に
「六度九分」の行友くんと彼の作るルアーに出会った時
同じ感覚を覚えました。
「僕にはこんな芸当、逆立ちしても無理だなぁ。。。。」って。
Green Eyes Lureさんのルアーも同じように
「僕レベルでは、こういう表現は出来ないなぁ」って思います。
まだまだ素晴らしい感性を持ったビルダーさんはいらっしゃいますね!
僕は僕なりに日々精進です。