NEW ITEM

マグナムアルカトラズについて

皆さんこんにちは!
スタッフのユウキです!
いよいよマグナムアルカトラズの出荷が4月末予定となりました!!
ですが、初回の出荷数がかなり少量になる見込みです…
確実に手に入れたい方は早めに予約して頂くことをおすすめします!!
そんないよいよリリースされるマグナムアルカトラズに関して小ネタを一つ紹介しようと思います!!
23380268_2073398012888926_8271707408724788377_n.jpg
スペックは
重さ:41g
フック:#2(リューギさんのピアストレブル)
レンジ:約3.5m
カラバリは7色を予定しています。
マグナムクランクは既に世に出回っており、琵琶湖でも凄まじい釣果が出ているので今更説明は不要かと思います。
ではマグナムアルカトラズは他のマグナムクランクと何が違うのか?と言う点ですが、オリジナルのアルカトラズにて詰め込まれていたウォータースクラッチ理論はもちろんの事
それとは別に僕なりにこだわった秘密があります。
o4032302414106628579.jpg
実はリップの付け根にアイが付けてあります。
何故こうしたかというと…
o4032302414106630365.jpg
↑これです!
僕はもともとビッグベイトの釣りが好きで、リップ付きのビッグベイトをもっと潜らせたい時や、サスペンドにしたい時などにフロントフックのアイに重りつけたりしてたんです。
特に冬はこういったチューンを施し、超デッドスローリトリーブさせていると野池でもデカいバスの反応が良かったりします。
もちろんハイシーズンでも効果的です。
あと通常だと届かないレンジもこうすることにより泳がせることができます。
ただそれだと一つ弱点があります。
一日やっていると針先が死んでしまうのです。
それと同時にマグナムクランクに置き換えた際に起こるトラブルとして、浮力があるの分キャストなどの衝撃で中のウエイトとぶつかり割れてしまう可能性
沈む姿勢が水平に近くなってしまう事で、ルアーの根がかる確率が高くなります。
これらの注意点を踏まえて考えた結果
リップの根本にアイを追加する事を提案し、テストしていった結果上記のトラブルを軽減することができると言う結論に至りました。
この位置に重りを付ければ前傾姿勢を保ちつつカバーを引いてこれるためとても根掛かりしにくいです。
これが沢山テストしてきた結果です。
だからこそ自信を持ってこのマグナムアルカトラズをリリースできます。
勿論全ての方がこの特殊な使い方をするとは思いませんが、リップ付きのビッグベイトをやりこんだ人なら分かって頂けるのではないかと思います。
長くなってしまいましたが、沢山の要素を詰め込むことによって普通のマグナムクランクとの差別化をはかりました。
ぜひ今年のキープキャストなどで現物を手にとってみて下さい!
店頭などで並ぶのはまだ少し先ですが、是非期待して待っていて下さい!!
#ROOMS#マグナムアルカトラズ#マグナムクランク#ルアー#ビッグベイト#アルカトラズ